アクセスカウンタ

Up side Down 〜DQ10FF11日記〜

プロフィール

ブログ名
Up side Down 〜DQ10FF11日記〜
ブログ紹介
ドラクエ10にて冒険中のジェバがつづる趣味全開なブログです。
FF11にて冒険(中止)中のジェバがおりなす、なんでもありのブログです。
zoom RSS

人口ボーナスが終了して人口減少する日本の今後の稼ぎ方

2019/06/20 07:38
 日本という国は、人口が多かったから経済大国でいられたのです。
 物価高、増税、社会保障費負担の増加は人口が減少していっていることが理由です。
 原材料価格の上昇とか輸送費の上昇とかよく耳にしますが、結局は労働人口が減って人件費が上がってきていることにつながります。
 
 人件費といっても、今までのような奴隷的低賃金で働いてくれる人が減っただけです。
 人口が多かった頃は、奴隷のような低賃金でも働く人が一定数いましたが、
 上の企業が労働人口確保のために賃金をあげたものだから、(奴隷)人手不足となった企業が出てきているのです。

 日本は戦後、人口増を基準とした内需主導型社会を作ってしまいました。

 毎年日本の人口が減少に転じるようになってからおおよそ20年。
 バブルが弾けて人口が停滞期に入り、もともとの「実力」が試されるようになった途端に失われた20年に突入ですよ。

 つまり、日本人はお金稼ぎについて「無能」であったことがばれてしまったのです。
 職場に散見された「無駄」を見れば、まあみなさんわかるでしょう。
 目につくということは改善できないということですから。
 
 内需=国民に消費させて経済を回すスタイルですから、人口が減れば、買ってくれる人が単純減となります。
 売り上げが下がると困るので、値上げせざるをえません。
 でも値上げすると買ってくれる人は更に減ります。
 失われた20年間、値上げを我慢しているうちに、企業は体力を減らしていきました。
 値上げができないから、従業員の給料を減らしたりリストラをしたり。
 従業員が減るからブラックな企業体質に変わっていったり。
 いつか来る好景気を夢見たわけです。

 人口が減っているのだから、回復する日なんて来ないにもかかわらず。
 
 日本の企業の大半がそんな中小企業達です。
 
 日本は輸出国なのだから海外に売ればいいじゃないと思いますよね。
 島国根性が根付いた日本。
 そんな度胸のある経営者は戦後の平和で豊かな時代のおかげでむしろ減っていきました。
 だって、海外に出なくても人口がいっぱいの国内市場で利益を得られたから。
  
 20年くらい前、まだ日本製品が海外で幅を利かせていた時代、
 海外旅行先でいったい何社くらいの日本のメーカー製品を見たり聞いたりしたでしょうか。 

 有名どころしか見たことがなかったと思いますよ。

 人口が減に転じたタイミングで、本来日本の企業は海外に打って出る必要がありました。
 島国なのですから本来は国外に積極的に出ていって仕事をするべきなのですけどね。
 信長や秀吉の先見の明。
   
 すぐにでも日本企業は海外に出るべきでしょうが、海外で戦える製品が既に日本にはありません。
 この20年、経済のグローバル化で、製品の部品は世界中から集めて人件費の安い国で組み立てる。
 という時代になってしまいましたので。

 単純な生活必需品についても、コストで海外に勝てません。出遅れが致命的でした。
 せっかくのIT関係については技術者をすり潰して浪費してしまいましたね。
 圧倒的に技術者が足りません。 
 いつの間にか白物家電も奪われ、残るは自動車くらいでしょうか。 

 残るは先進科学で他国から抜きんでるしかないと思うのです。 
 それも現状ではもう、どうかという状況ですが、ICをつぎ込んでね。

 一発逆転は、
 常温核融合
 実用的な量子コンピューター
 宇宙開発

 プルサーマル原子力発電はお金を投入しつづければよかったのでしょうけれど、
 もうダメでしょうね。
 運営が無能すぎてせっかくの可能性を潰した歴史に残る失敗例となりました。
 もうあと40年くらいで実用化できたかもしれないのにもったいない。

 だから常温核融合で。

 ん?これからの日本は観光で食べていく?
 中国のバブルが末期だから、もうすぐ観光も落ち込むので無理。
 
 日本のバブル末期も、どんどんと海外旅行にでかけたでしょう?
 あれと同じ状況が今の中国。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


【2019春イベ】新艦堀りについて(艦これ)

2019/06/19 06:12
 新艦娘のうち、ドロップは2人です。
 今回のイベではドロップ率がとてつもなく渋いですね。
 
 海防艦「石垣」のドロップ率が0.9%程度。
 ※甲難易度でE−2のJマスに限ります
 
 E−2Jマスは潜水艦掘りが確立されたため難易度が低く、時間さえかければ掘ることが可能です。
 潜水艦3〜6人 基地航空隊2部隊(艦攻×4、陸攻×4)

 まあ、個人的にはその「時間」が取れないから批判するのですけれどね。
 0.9%という率、
 過去ワースト記録で低いです。
 じゃあボスマスで掘ればいいという方。
 E−2の道中マスの酷さはプレイした提督でなければわかりませんよ。
 ボスますでもドロップ率1.6%らしいですが。

 というか、
 ずっといっていますが新規艦娘は全員クリア報酬でいいと思うのです。
 目的が「コレクション」するゲームなのですし、ガチャも否定しているゲームなのですから。
 掘りに要するかかった分の時間を運営に請求してやりたいわ。 
 というかおかしいよね近年の運営。 
 
 さて、これまでの攻略やら石垣やらはまだまだ地獄の序の口です。
 今回最大の地獄は、フレッチャー級駆逐艦フレッチャー堀り。
 もう一人の新艦娘が、フレッチャー級駆逐艦のフレッチャーです。
 ドロップ率が驚愕の0.559%
 ※5月末時点

 S勝利が100%ありえなくてA勝利の場合のドロップ率です。
 支援艦隊が来るようになってやっとS勝利報告も出るようになりました。
 また、ドロップ報告が増えてきたことでドロップ率もあがってきました。
 ちな、
 A勝利で1%くらい。
 S勝利で4%くらい。 

 これまで、連合艦隊で出撃するマップでの堀りは、ドロップ率6〜7%でした。
 周回消費が激しくなるからです。
 今回は4%ですが、S勝利がほぼ取れないマップとなっています。

 運営なに考えているの?
 バカなの?
 死ぬの?
 噛みま死ねっ!!

 さて、あたしはなぜこんなに激高しているのでしょうか。
 それは、このドロップ率が示す平均出撃回数がとんでもないからです。

 ボスマス
 S勝利 約 3%
 A勝利 約51%
 C敗退 約 3%
 撤退率 約41%

 これ、「友軍支援艦隊」が入ってからの周回結果です。
 もちろん道中支援、決戦支援とも、両方出撃させています。

 S勝利を目指すためにいろいろと編成が洗練されてきていますが、あたしには無理なのです。
 ジェット機を使える瑞鶴と翔鶴は既に札付き(E4機動)。
 艦載機搭載数で有利な正規空母、赤城改二や加賀改も既に札付き(E5)
 よって、S勝利数は限りなく0に近いわけです。

 S勝利もできない無能提督じゃないかとお思いですか?

 「札」のせいでS勝利報告率の高い編成にできないのです。
 高難易度に挑戦して、その「仕打ち」がこれです。
 それともすべて「サブ」艦娘で攻略しろと?
 堀りがイベントの「メイン」だとでもいうつもりでしょうか。

 更に。

 フレッチャー堀りで編成を挙げている提督達。
 ボスマス到達率が高い人は、みんな「結婚カッコカリ」している件。
 うちはね・・・99レベル止まりですからね。
 99未満も結構いますしおすし。

 ボスます到達率とか、嬉々として画像をあげている提督は高課金者です。
 あまり参考になりません。

 そんなわけで、A勝利でフレッチャー堀りで考えると泣けてくるというわけなのですよ。
 1%のドロップ率でボス到達率約50%。

 単純計算で200週が必要ということになります。

 1週するのに疲労抜きも入れて15分。
 200週するのに50時間。

 道中支援と決戦支援を出すためにはキラ付けが必要です。
 ね、絶望でしょう。

 そうそう、「石垣」はドロップ率0.9%ですから、単純に考えると110週くらいが目安。
 27時間くらいかけろと?

 もうこれ、コレクションさせる気ないでしょう。
 運営よ。
 「時間稼ぎ」にもほどがあるよ。

 イベント攻略と新艦堀りにかかる時間について、かかり方が異常になっています。
 約1か月間、土日を費やすイベントなんて異常だと、運営の中に考える人はいないのでしょうか。
 
 それでいて最初の実装での入手を逃すと次にドロップされるのが1年後とかがザラにあるのが艦これの運営ですからね。
 今回のイベは難易度もそうですが、運営はなにか痛い目を見ないとだめだと思う。

 田中プロデューサーが元凶なのかしら。

 今回の春イベントであたしの艦これ愛が瓦解寸前にまで陥っています。
 結構、今回のイベで引退報告もありますね。
 
 フレッチャー堀りは続いています。

 もう「単純作業」に陥っていて、
 全く楽しめないから、
 プレイも長続きしないのですよ。

 つまり、「新艦堀り」に関してはもう艦これにおいて見放しています。
 この「苦痛」が天秤を押し下げた時、引退の時です。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


【2019春イベ】E−5甲【波濤の先に】

2019/06/18 05:13
 E−4でハワイを奪還し、再編成中の深海棲艦を追撃。
 パールハーバーから出撃するとか本来ならば胸熱展開ですが、すでに今イベを企画しバランス調整をした運営へのどす黒い憎しみに心が彩られているじぇば提督です。 
 現在、支援艦隊が実装されたため、第二ボスへのラストダンスはまだましな部類の難易度になっています。
 泣く泣く難易度を下げた提督に対し、運営はどう申し開きをするのでしょうかね。
 イベント期間も延長されましたし。

 まずは第一段階ボス。
 久々登場のクラゲですね。
 当初は水上連合が流行りでしたが、機動部隊の方が楽っぽかったので機動部隊で攻略。
 長門と陸奥の胸厚砲のおかげでそれほど苦労はしません。

 ここからギミック解除が始まりますが、意味不明なものも含まれています。
 正直、第一段階ボスよりもよっぽど面倒で手強いものでした。
 実際第一段階ボスよりも周回数多かったですし。

 空襲マスで航空優勢を取れというのはわかりますよ。
 敵の航空戦力削減につながりますから。

 敵の輸送部隊を強襲するのもわかりますよ。
 補給を止めるのは基本ですから。

 でもね。
 でもですよ。

 「輸送連合」じゃないとたどり着けないって何っ!?
 北方は機動部隊で到達。
 南方はなぜに「輸送連合」ですか。
 しかも索敵が高いと逸れるって何っ!?
 ただでさえ弱い「輸送連合」で、電探や水偵という索敵装備を除くって嫌がらせにもほどがあるでしょう!!

 わざとですよね。
 意図的ですよね。
 プレイヤーへの嫌がらせですよね。

 このギミックを調べた瞬間に運営に対する殺意の波動があふれ出たよ。

 道中にも支援艦隊出してください。
 輸送連合であのルートを突破させると考えた担当者は賽の河原で石積みの刑に処したい。
 処す?処す?
 処すに決まっているでしょうがっ!!

 そんなわけで心を汚しながら突破。
 キラ付け?
 そんなもの付けたって一撃大破で撤退になるのだし、そもそも今イベではすぐに消える。
 キラ付けの意味なんてありません。

 そのくらい今回は道中撤退の嵐です。

 最後には穴開け済みの駆逐艦をかき集めて、女神を載せて突撃。
 女神を載せるとなぜか道中大破率が下がる不思議。
 女神を載せたら1発クリアでした。


 ああ、第二ボスは支援艦隊のおかげで「まだマシ」な難易度になっています。
 ラストダンスは13回で済みました。
 これ、支援艦隊実装前にクリアした人達ってとんでもないことに挑戦したのですね。 
 素直に感動するわ。
 あたしは今回の難易度で、もうお腹いっぱいどころか胸やけを起こしていて、フレッチャー堀りがあるかと思うと気分はどん底です。

 今回のボスの何が嫌かって、ボス毎に特効が違うことと、耐久力の多さです。
 ただでさえちゃんと役割を持たせた艦娘が目的に沿った攻撃をしてくれません。
 なんのためにその装備を持たせたと思っているのか。
 なぜ巨大な地上目標相手なのに、目的に沿った攻撃を行わないのか。
 目的と標的が嵌った一瞬だけ、クリアが見えるという形式はね・・・。
 もうダメかと思います。
 あたしがもう耐えられない。
 
 完全に耐えられなくなると引退です。

 今回、提督達がみな感じている疑問が、運営による意図的な時間稼ぎです。
 または調整不足。
 リアルなイベントよりも本業のゲームをまともに調整してください。
 支援艦隊の仕様とか、イベント期間とかいきあたりばったり感がすごい。
 まとめブログやツイッターが阿鼻叫喚の嵐。

 運営への憎悪はみんな感じているようで、あたしだけではなかったかと安堵?しています。 
 

 以下装備ですが、優勢マスについては艦戦や水戦ガン積みで、他の艦娘の装備は適当です。 
 なんというか、ダメだった時はつど入れ替えているので、そのとおり攻略したのか自信がありません。
 攻略中は運営への憎悪で精神的にもちょっとおかしかったし。


■第一段階ボス (連合艦隊:機動)
第一艦隊 
戦艦:長門改二    主砲、主砲、水偵、徹甲弾
戦艦:陸奥改二    主砲、主砲、水偵、徹甲弾
正空:SaratogaU Mod 艦攻、艦爆、艦爆、艦戦
正空:Intrepid    艦攻、艦爆、艦爆、艦戦
正空:赤城改二    艦爆、艦爆、艦攻、艦戦、艦戦
軽空:鈴谷航改二   艦戦、艦戦、艦戦、艦戦

第二艦隊
軽巡:阿武隈     魚雷、魚雷、甲標的
戦艦:Iowa      主砲、主砲、夜偵、大型探照灯
駆逐:Johnston    魚雷、魚雷、四式ソナー
雷巡:大井      魚雷、魚雷、甲標的丙
雷巡:北上      魚雷、魚雷、甲標的丙
駆逐:S.B.Roberts   5inc、5inc、四式ソナー

基地航空隊
第一:64戦隊、陸攻、陸攻、陸攻
第二:54戦隊、陸攻、陸攻、陸攻
第三:陸攻、陸攻、陸攻、陸攻


■Eマス航空優勢 (連合艦隊:水上)
第一艦隊
戦艦:長門      主砲、主砲、徹甲弾、水上電探
戦艦:陸奥      主砲、主砲、徹甲弾、水上電探
戦艦:武蔵      主砲、主砲、水偵、徹甲弾、水上電探
航戦:伊勢      主砲、主砲、艦戦、艦戦、水偵
正空:SaratogaU Mod 艦戦、艦戦、艦戦、艦戦
航巡:鈴谷改二    水戦、水戦、水戦、水戦

第二艦隊
軽巡:阿武隈     15.2改、15.2改、甲標的
雷巡:北上      OTO、OTO、甲標的
雷巡:大井      OTO、OTO、甲標的
駆逐:Johnston    5inc、5inc、四式ソナー
駆逐:S.B.Roberts   5inc、5inc、四式ソナー
重巡:妙高      3号、3号、夜偵、水上電探

基地航空隊
第一:陸戦、陸戦、陸戦、陸戦
第二:陸戦、陸戦、陸戦、陸戦
第三:陸戦、陸戦、陸戦、陸戦


■Fマス航空優勢 (連合艦隊:機動)
第一艦隊
重巡:摩耶      90mm、90mm、機銃集中、SKレーダー
正空:SaratogaU Mod 艦戦、艦戦、艦戦、艦戦
正空:Intrepid    艦戦、艦戦、艦戦、艦戦
正空:赤城改二    艦戦、艦戦、艦戦、艦戦、艦戦
重巡:鳥海      3号、3号、水偵、水上電探
航巡:鈴谷改二    水戦、水戦、水戦、水戦

第二艦隊
軽巡:阿武隈     15.2改、15.2改、甲標的
雷巡:北上      OTO、OTO、甲標的
雷巡:大井      OTO、OTO、甲標的
駆逐:Johnston    5inc、5inc、四式ソナー
駆逐:S.B.Roberts   5inc、5inc、四式ソナー
重巡:妙高      3号、3号、夜偵、水上電探

基地航空隊
第一:陸戦、陸戦、陸戦、陸戦
第二:陸戦、陸戦、陸戦、陸戦
第三:陸戦、陸戦、陸戦、陸戦


■Gマス航空優勢 (連合艦隊:機動)
第一艦隊
重巡:摩耶      90mm、90mm、機銃集中、SKレーダー
正空:SaratogaU Mod 艦戦、艦戦、艦戦、艦戦
正空:Intrepid    艦戦、艦戦、艦戦、艦戦
正空:赤城改二    艦戦、艦戦、艦戦、艦戦、艦戦
航巡:鈴谷改二    水戦、水戦、水戦、水戦
水母:瑞穂      水戦、水戦、水戦、水戦

第二艦隊
軽巡:阿武隈     15.2改、15.2改、甲標的
雷巡:北上      OTO、OTO、甲標的
雷巡:大井      OTO、OTO、甲標的
駆逐:Johnston    5inc、5inc、四式ソナー
駆逐:S.B.Roberts   5inc、5inc、四式ソナー
重巡:妙高      3号、3号、夜偵、水上電探


基地航空隊
第一:陸戦、陸戦、陸戦、陸戦
第二:陸戦、陸戦、陸戦、陸戦
第三:陸戦、陸戦、陸戦、陸戦


■XマスS勝利 (連合艦隊:機動)
第一艦隊
重巡:摩耶      90mm、90mm、機銃集中、SKレーダー
正空:SaratogaU Mod 艦攻、艦爆、艦戦、艦戦
正空:Intrepid    艦攻、艦爆、艦戦、艦戦
正空:赤城改二    艦攻、艦爆、艦戦、艦戦、彩雲
航巡:鈴谷改二    3号、水上電探、水戦、水戦
重巡:鳥海      3号、3号、水偵、水上電探

第二艦隊
給油:速吸      水上電探、水上電探、缶  穴:タービン
軽巡:阿武隈     15.2改、15.2改、甲標的  
駆逐:北上      OTO、OTO、甲標的
駆逐:Jervis     主砲、主砲、四式ソナー
駆逐:Johnston    5inc、5inc、四式ソナー
重巡:妙高      3号、3号、夜偵、水上電探

基地航空隊
第一:64戦隊、陸攻、陸攻、陸攻
第二:54戦隊、陸攻、陸攻、陸攻
第三:隼、陸攻、陸攻、陸攻


■VマスB勝利以上 (連合艦隊:輸送)
第一艦隊
航戦:日向  主砲、主砲、艦戦、水偵、司令部
航戦:伊勢  主砲、主砲、艦戦、艦戦、水偵
駆逐:秋月  10+、10+、対空電探  穴:女神
駆逐:朝雲  10+、10+、機銃集中  穴:女神
駆逐:山雲  10+、10+、機銃集中  穴:女神
駆逐:長波  10+、10+、装甲  穴:女神

第二艦隊
軽巡:阿武隈     魚雷、魚雷、甲標的
駆逐:Jervis     主砲、主砲、四式ソナー
駆逐:Johnston    5inc、5inc、四式ソナー
駆逐:S.B.Roberts   5inc、5inc、四式ソナー
重巡:妙高      3号、副砲、副砲、水偵
重巡:鈴谷改二    3号、3号、整備員、水偵

基地航空隊
第一:陸攻、陸攻、陸攻、陸攻
第二:陸攻、陸攻、陸攻、陸攻
第三:陸戦、陸戦、陸戦、陸戦


■第二段階ボス (連合艦隊:水上)
第一艦隊
戦艦:長門      主砲、主砲、徹甲弾、水上電探
戦艦:陸奥      主砲、主砲、徹甲弾、水上電探
戦艦:武蔵      主砲、主砲、水偵、徹甲弾、水上電探
航戦:伊勢      主砲、主砲、艦戦、艦戦、水偵
正空:SaratogaU Mod 艦攻、艦爆、艦戦、艦戦
航巡:鈴谷改二    水上電探、水戦、水戦、水戦

第二艦隊
重巡:摩耶      90mm、GFCS、魚雷、魚雷  穴:機銃集中配置
戦艦:Iowa      主砲、主砲、夜偵、水上電探
軽巡:阿武隈     魚雷、魚雷、甲標的
駆逐:Johnston    魚雷、魚雷、魚雷
駆逐:S.B.Roberts   魚雷、魚雷、魚雷
雷巡:北上      魚雷、魚雷、甲標的

基地航空隊
第一:64戦隊、陸攻、陸攻、陸攻
第二:54戦隊、陸攻、陸攻、陸攻
第三:陸攻、陸攻、陸攻、東海


総出撃回数:33

燃料:69,545
弾薬:45,582
鋼材:44,857
ボーキ:24,920
バケツ: 165


E−1からE−5までの累計消費資材

総出撃回数:100回
出撃のみに要した時間:最低25時間 〜出撃1回あたり疲労抜き込みで15分必要
                  編成検討、部隊配置、装備配備にかかった時間は未計上

燃料:142,448
弾薬:112,065
鋼材: 83,112
ボーキ: 49,520
バケツ: 405

※純粋に出撃のみにかかった数値であり、基地航空隊の配備転換及びキラ付け出撃による消費分は未計上


 これ、まだ新艦の堀り分がはいっていないのです。
 まだドロップしていないのです。
 ドロップについては、ドロップしてからの報告になります。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ふるさと納税制度で一番悪いのはルールをころころ変えた総務省

2019/06/17 06:17
 限られたルールの中で最大限の企業努力をしたのは「泉佐野市」でしょう。
 なぜか官民問わず泉佐野が叩かれていますが、ルールの中で最大の効果を上げようと奮闘努力した結果であって、
 資本主義の考え方では正しいものです。

 モラルがない?

 そんなことを言うあなたは共産主義者ですか?
 おかしく見えるとすれば、「ルールを作った」総務省を叩くべきです。
 なぜ泉佐野市を叩くのか。

 だいたい「返礼品」なんてものを付けた時点で、利用者だって利得に走るのは当たり前の話です。
 高潔な人は趣旨どおりに寄付すればいいのであって、返礼品で得したように見える他人に文句をいう筋合いはありませんよね。
 
 つまり、高潔に見える人が嫉妬しているだけです。
 これは大した返礼品を用意できなかった自治体にもいえることです。

 「企業努力」をせず、結果設けた自治体を批判し、
 「思っていた結果と違う・・・」なんて馬鹿げた感想をのべていた総務省を動かしたわけです。
 
 6月以降のルールでは、もっと差別的な結果に陥りますよ。
 
 地場産品を用意できないような自治体は「返礼品」を用意できないわけですから。
 米どころ、高級な果物の産地、漁港・加工場を持つ自治体。
 それらを持たない自治体は表舞台に立つことすらできません。

 それこそ、「高潔な人」を待ちわびるのみです。
 大した返礼がなくともふるさとに納税してくれるような高潔な人。 

 あたしは制度利用者として、もっとも自分が得する方法を取ります。
 あたしは世界が優しくないことを知っていますからね。
 自分を助け、
 次に周囲を助け、
 最後に他人を助ける。

 マザーテレサですらそう言っているのですけれど、日本人は何か勘違いしていませんか?

 あなたは共産主義者ですか?
 
 そうでないならば、ふるさと納税制度で除外された自治体を褒めるべきです。
 あなたたちは制度をよく勉強し、よく努力し、優秀な結果を残しましたとね。

 それでいて、制度の趣旨と異なる結果となったのであれば、
 総務省が腹を切って詫びてください。
 「平等」を求めるならば資本主義の考え方を持ち込むな総務省の無能な官僚共。

 自治体を責めるのはおかしいです。
 彼らは勝者です。

 と、返礼品で今後ますます有利になりそうな北海道出身のジェバは考えます。
 あたしですか?
 一番還元率の高い自治体にふるさと納税していますよ。

 そうそう、Amazonのポイントはダメになりましたが、楽天ポイントは「なぜか」問題はないようですよ。

 来年は楽天ポイント還元率のいい自治体を選びましょうかね。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


NISAや積立NISAで老後資金を貯めようというのは詐欺師(金融庁)だけ

2019/06/16 06:54
 iDecoは確定拠出年金法に基づいて実施されている私的年金ですからまだましです。
 ここで詳しくは説明しません。
 掛金、運用益、そして給付の受け取り時に税制上の優遇措置があるのでお小遣いで運用するにはまだましです。
 あたしもやってるし。

 しかし、NISAや積立NISAは違います。
 投資信託ですからね。
 運用益が非課税になるだけで、当然元本割れのリスクもあります。
 もちろん口座維持手数料や取引きにかかる手数料はどんどんマイナスになります。

 また、時限制度なので途中で優遇策が終了します。
 NISAは2023年迄。
 積立NISAは2037年迄です。

 さてこの痛い独り言を読んでくださっている人に伺います。
 老後必ず必要となる「資金」を貯めるのに、元本割れするかもしれない「リスク」をとりますか?

 十分に資産があって、はした金でお試し運用するのであれば、止めません。
 でも余裕がないぎりぎりの生活費からなけなしの資金で積み立てようとする人が大半だと思います。
 
 元本割れするかもしれない「投資」に手を出しますか?

 あたしはしないよ。そんな危ない商品。

 金融庁のNISAサイトを読むと、成功例しか載せていませんね。
 元本割れするかもしれませんとは書かれていますが、視覚的にそれを示すような資料は一切ありません。

 この時点で詐欺臭がぷんぷんしますが、では勝率はどうでしょうか。

 あなたが個人で株取引をまわすようなデイトレーダーでしたらいいのですが、恐らく一般人でしょう。
 投資商品が値上がりするか、値下がりするかはプロでも予測は難しいものです。

 40歳から60歳まで積立NISAの年間上限40万円を積み立てたとしましょう。
 40万円×20年間なので800万円ですね。
 金融庁のいうとおり3%程度の利益を出しつづけられば、約1,000万円くらいになるでしょうか。

 では3%の運用益を出すということがどのくらい現実的なのか、日経平均株価でみてみましょう。

 仮に21,000円としますね。
 3%毎年値上がり続けたら20年後いくらになるでしょうか。

 約38,000円です。

 質問します。

 少子高齢化で市場が縮小しつづける日本。
 人口減少社会が始まっている日本。

 さて、21,000円の株価が、20年後に38,000円になっているということが想像できますか?

 もちろん投資商品によっては、海外ファンドへの投信といった商品もあるかもしれません。
 日本国内よりは将来性がありますので、一概には言えませんが。
 
 そのくらいの難易度をクリアすると、金融庁がいうように3%以上の利益を得ることができます。

 ね、「詐欺」でしょう?

 民主党政権の時のように1万円切ったら目も当てられません。
 だから、一般人が老後資金を貯めるのであれば、元本割れを起こさない貯金が一番安全です。
 金利は限りなく0に近いですけれどね。

 ギャンブラーな方はどうぞご自由に。
 あたしはやらないけど。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ホルムズ海峡近くでタンカーが襲撃される

2019/06/15 16:56
 第三次世界大戦が本格的にはじまったかと思いましたが、まだみたいです。
 自衛隊の艦船を護衛に就かせるのかと思ったのにその気配ないし。
 せっかく原油が安くなってきていたのにまた急騰しちゃいましたし。

 誰も喜ばないなぁ。

 あたしが真っ先に思いついた犯人はCIAなのですけれどね。
 アメリカが真っ先に「イランに責任がある」とか声明だしちゃうし。
 安倍首相のイラン訪問を喜ばないのはアメリアですから。
 ああ、まだいましたね。
 アラブ首長国連邦とサウジアラビア。

 こっちの方が可能性高いかな。

 直近でサウジの空港がテロ組織に攻撃くらってたし、報復扱いもできる。

 今回犯行声明を出していないのは、安倍首相がイランにいたからでしょうね。
 テロ組織を使うにしても支援している組織は国家レベルでは公然と知られているので。

 それにしても直近のニュースでは「砲撃」っていっていますね。
 最初に見た時は、「魚雷」攻撃も受けたってあったのですよ。

 「魚雷」が使われたのだとしたら、間違いなく国家が背景にいます。
 
 魚雷なんて高価で複雑なもの、一介のテロ組織ごときが手を出せるものではありません。
 どうして魚雷っていわなくなったのかしらねー(棒読み)

 イランが犯人だとしたらそれはそれで大変です。
 ハメネイ師が軍組織を統制できていないということですから。
 あの国の体制を考えるとちょっと考えられません。

 犯人候補は、臭い順にCIA>サウジ>UAE ってところと独り言。

 イランと敵対しているイスラエルがいて、イスラエルの背後にはユダヤが動かしているアメリカがいますね。
 なのでCIAの後ろにはイスラエルがいると考えておけば今回の犯人はその辺りに絞られるでしょう。
  
 サウジもアメリカにべったりだし。

 日本もおとなしくなったものですね。
 普通なら危険な海域を通行する船舶へ護衛艦を付けようと動くけどね。
 ではどういうケースであれば、自衛隊の艦船を動かさずにいられる精神状態をいじできるかな?

 そうですねぇ。
 犯人も、攻撃計画も事前に知らされていたとしたら・・・自衛隊の艦船を動かそうとはしないかな〜あたしなら。

 ・・・・・・おお怖い怖い。
 まあ、ここはあくまで痛い独り言ですので。
 
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


香港「逃亡犯条例」改正反対デモで死者が出ても沈黙する日本のマスゴミとリベラル達

2019/06/14 05:47
 普段の「リベラル」な言動の背後に「誰」がいるのか大変わかりやすいですね。
 辺野古移設闘争の時の熱はいったいどこにいったのですか?(棒読み)
 けが人が70人以上出ている時点でどちらが非人道的か子供でもわかりますよね。
 ヘイトスピーチだとか人権弾圧だとか声高に唱える彼らは今、いったい何をしているの?

 ああ、年金2000万円問題に忙しいのですか(爆)。 
 
 機能不全を起こしているマスゴミは二度とマスコミを名乗れませんね。
 ああ、機能不全じゃなくて既に中国共産党の支配下でしたか。

 つまりこういう事です。
 
 普段正義っぽく聞こえるリベラルな方々の言動を信じて支援し、行き着く先が現在の「香港」ということです。
 支持するとこうなるよと小さい子供にわかりやすく教えることができる素晴らしい事例提供ありがとうございます。

 それにしても中国国内は混乱していますね。

 都市住民の強制移動に始まり、少数民族の分断。
 ウイグル、チベットでの更に苛烈な民族浄化と宗教弾圧。
 天安門事件30周年での風化を諦めての情報統制と香港への一国二制度崩壊の促進。 

 反乱の未然防止かしら?

 人を強制的に移動させる目的で真っ先に思いつくのが反乱阻止ですけれど。 

 最初は米中貿易摩擦による影響から、失業者を農村へ強制移動しているものかと思っていましたが・・・。
 文化大革命の時代と違い、農業も急速に機械化されていますからね。
 おかしいなぁと思っていました。

 きんぺーちゃん実は想像しているよりも立場がやばかったりして。

 アメリカが介入すれば第三次世界大戦勃発だからやらないでしょうし、台湾への亡命祭りかな。
 国連も日本のリベラルと一緒で何も言っていませんが、存在意義ってあるのかしらね。

 香港政府は引かないでしょうし、これは外資撤退に一役買うことでしょう。
 まあ、既にだいぶ撤退していますが。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

Up side Down 〜DQ10FF11日記〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる