ソロキャンプ楽しい

先日、滝上町に芝ざくらを見に行きました。
 付近?の無料キャンプ場で一泊ソロキャンしたのですが、リフレッシュにいいですね。

 一人だから気がねしない。
 ごはんは一人だから手抜き。
 早いうちからテントに入ってごろごろ。
 艦これのアンドロイド版で遠征出していました。

 気づけば寝落ちしていましたが、12時間くらい寝たと思う。

 朝は早朝から鳥の大合唱。
 正直うるさいレベルで聞こえてきます。
 あたしは鳥の声を聞きながら寝ていましたがね。

 そんなキャンプ場は「岩尾内湖白樺キャンプ場」という町営キャンプ場です。
 ゴミは持ち帰りです。
 芝生サイトなので、当然直火禁止。
 でもたき火痕あったなぁ・・・マナーは守りましょうね。
 白樺林なので、白樺の木の皮も剥いちゃだめですよ。
 白樺の木の皮って優秀な焚き付けになるけど。
 管理人がいるうちはシャワーも利用可能。
 テントサイトまで車侵入OKなので、車の隣にテント設営が可能です。

 あまりに山奥にありすぎて、お店が一切ありません。
 ごはん持ち込まないと飢えるよ。
 一番近いコンビニまで15㎞くらいあるんじゃないかな。
  
 そして、野生動物だらけ。
 ですから、生ごみや調理道具、食器洗いの道具に至るまで、車に入れておかないとキツネにいたずらされます。
 あたしは食器洗い用のスポンジを食べられました。

 スポンジ食べられたのは初めてだったからびっくりですよ。
 
 北海道のキャンプ場では、狐対策で、生ごみ処理はすぐ行うことが常識。
 テントの中も入ってくる可能性があるので、ごみ捨て場がなければ車の中が安定です。
 人が多いキャンプ場なら大丈夫なのかしら。
 でもまさかスポンジまで狙われるとは・・・。

 そうそう、北海道の野生のキツネはエキノコックスもっていますからね。
 さわっちゃNGですよ。
 
 エキノコックスは日露戦争後に毛皮を取るために大陸から持ち込まれた動物が媒介していたとかなんとか。
 ですので、北海道人は水には注意します。
「この水は飲めます」
って書いてある水しか、湧き水であっても飲みません。
 川の水を飲むなんて恐ろしすぎる。
 川遊びしたら、ちゃんと手を洗いましょうね。

 北海道でキャンプする内地の方は要注意。

 それにしてもソロキャンいいんですよ。
 観光して、温泉入って、キャンプ場で寝る。
 ごはんは適当。
 グループキャンプの楽しみ方とは違いますね。

 ゆるキャンでは、ソロキャンは
「寂しさも含めて楽しむものだ」
といっていましたが、あたしは何ともなかったよ。 
 人込みが嫌いだったり、人間不信な人におすすめします。
 ちな、あたしは両方。

 まだ本格シーズン前だったから、キャンプしているのがあたしの他に1組しかいなかったのも大きいです。
 人が多い所ではキャンプしたくないですねぇ。

 キャンプ道具が少しずつ増えていきそうです。

この記事へのコメント

ふぁみ
2018年08月20日 23:57
いつの間にか日記が再開してた!
ソロきゃんは独身のお楽しみなのかな・・・・私もやってみたい・・・
じぇば
2018年08月21日 17:39
引っ越してきてからひっそりとブログ再開。
キャンプ道具についての記事も8月中には公開しますね。

この記事へのトラックバック