ANNO 1800が面白い

 たまたまYoutubeでプレイ動画を見たことがきっかけで購入しました。
 2019年4月に正式リリースされたようです。

 ベータ版はsteamでも配信されていましたが、正式版ではsteam排除。
 仕方なくUBISOFTの垢を作って6月25日に購入しました。
 艦これの春イベが終了してメンテの日です。 

 現在、とりあえずキャンペーンを進めています。

 ゲームはシムシティー系ですね。
 ANNO自体は20年くらいシリーズが続いているそうです。
 知らなかったわ。
 日本語にも対応しているので、大航海時代が好きな人にもいいかもです。
 1800年代の世界で島を開拓していきます。
 産業革命もあるっぽいですね。
 汽車や自動車が走っていたりするので。

 収支の帳尻を合わせるのが結構難しいです。
 交易の操作やシステムになれていないので、まだまだ機能を使いきれていません。

 あーこの感じ、Factorioで効率を求めた感覚に似てる。
 似てるといえば、AGE OF EMPIREにも似ていますね。
 倉庫システムとか。

 購入前に予想したとおりですが、ハマっています。
 睡眠時間が削られますが、区切りのいいところを見つけて終えるのが難しい(歓喜)です。
 何気にプレイ時間が4時間になると、休むように教えてくれたりします。
 週末は時間を忘れてしまうので、何気にありがたかったり。
 平日は寝る前の2時間くらい遊んでいます。
 また積み本ががが。

 7月1日の時点でキャンペーンシナリオの約70%を進めたようですが、ここで問題が。
 
 破産しました。

 うーん・・・なぜでしょう。 
 原因がよくわからないのですよね。
 建物をいっぱい建てたり、舟を沢山作ると維持費がかかるので、そのせいだとは思いますが。
 人口が足りなかったのかなぁ。
 土地に限りがありますので、家を建てるのにも限度があります。
 交易がちょっと難しいので、安定した収入が得られていなかったのかもしれません。
 何度かやり直したけれど破産ルートから逃れられなかったし。

 そんなわけで、現在は植民地開拓開始時点に遡ってやり直し中。
 このゲーム、セーブがものすごく多いので、結構自由にやり直しがききます。
 5時間分くらい遡ったかな。 
 2回目はコツがわかっていますから、入植した島の数は増えました。
 維持費も増えるよっ!!
 将来への投資と考えればいいかな。 
 島を奪い取るのは結構大変ですから。
 がんばって生活必需品で需要を満たしてしんぜよう。
 
 生産のバランスはまだよくわかっていないけど。
 あんまり攻略サイトを見かけませんね。
 Wikiに情報はありますが、効率配置とかはのっていませんし。

 生産施設から倉庫までの距離を最短に。
 土地はデッドスペースをあまり作らないように配置。
 デッドスペースは公園にもできますが、キャンペーンなのであまり気にしません。
 公共施設は最小数で最大の効率を。

 これも地形があるので難しいですけどね。

 攻略方法として、やはりエクセル管理が一番楽かもしれません。
 島ごとに算出する農産品や資源が異なるので、複数の島の同時管理は結構難しいです。
 エクセルでまとめてしまえば割と迷いなく作っていける気がします。
 できるとは言っていない。

 まあ、交易も戦争状態になると途切れますから、自給自足できる事が重要ですけれど。
 そこは交易しないと生活必需品が揃わないようになっているというバランス。
 いやでも交易させようという、製作側の意思が感じられます。

 面白いからいいですよ。
 艦これ春イベで荒んだ心が洗われて、ゲームって楽しいという感覚が戻ってきつつあります。