民意無視】石田総務相「NHKスクランブル化は放送制度を崩しかねない」

 NHKから国民を守る党の立花氏が比例代表で当選しましたね。
 総務相が早速脊髄反応しているあたり、かなり予想外のできごとなのでしょう。

 石田真敏総務相は23日の閣議後の記者会見で、
 「NHKの基本的な性格を根本的に変えて、(公共放送と民間事業者の)2元体制を崩しかねない」
 と述べ、受信料制度の見直しに否定的な考えを示した。
 NHKには、災害報道や政見放送など、公共放送の社会的な使命を果たすことが求められる中で、その財源を国民から広く公平に負担いただいている」と受信料制度の趣旨を説明。
 「2元体制は、国会で全会一致でNHK予算が承認されるなど、これまで日本に定着してきた」と強調。

 日本に定着してきた受信料制度という「仕組み(公共放送と民間事業者の2元体制)」が「おかしい」という民意が今回の選挙結果ですよ。
 何自身の意見で民意無視をしているのですか。
 立花氏はまず総務省と総務相にこの事実を突きつけるところから始めてください。
 
 どうやら「民意」を本気でわかっていないようですので。

 NHK契約についての最高裁判決の一般常識との乖離。
 直後に判決をだした最高裁判事の定年退職の嫌らしさ。
 ワンセグ受信に関するあたまのおかしな裁判結果と控訴棄却。

 NHKと総務省はやりすぎたよね。
 そういう前提が今回の結果だとは・・・まあわかっていないでしょう。
 目先の欲に目がくらんで矛盾に気づかないふりをしていて、時間が経てば愚民は忘れるだろうと国民を馬鹿にしている愚かなクソ虫共ですからね。

 総務省は以前からNHK側です。
 実際NHKと一緒に総務省の担当者が「お願い」に回っていましたからね。
 NHK一人で来いよ。
 総務省は「お願い」には何の関係もないでしょうと遠回しに皮肉ったのでよく知っています。

 国からもNHKに予算が配られているのですから、「災害報道」や「政見放送」や「国会中継」など「公共放送に求められる部分」だけスクランブルを外せばいいのですよ。
 WOWWOWだって無料放送をやっているのだからできないわけがない。

 スクランブル化が一番の解決策ですよ。
 「受信料徴収」自体が既に利権化しているのですけれど、そんなのNHKがケツを拭くことです。
 総務省の天下りとか一切合切禁止してしまえばいい。
 「みそぎ」期間なんて設けてね。
 民放ももっとすっぱ抜いていいのですよ。
 日本のマスゴミ共にそんな根性があるとも思えませんがね。

 今回の選挙結果でいろいろと炙り出されてあたし的にはとても愉快な「リスト」ができつつあります。
 こういう時に本性とか背後関係が出ますからね。

 そういえば「古谷経衡」とかいう文筆家(笑)もNHKから国民を守る党の議席獲得について、
 自分の「常識」に沿わない奴らは全員「非常識」だと有権者を馬鹿にしていましたね。
 「政治的常識」がない連中が当選させたとかぬかしていますが、そもそも「政治的常識」なんて日本の教育機関で教わりません。
 「政治的常識」っていったいなんですか?
 あたし気になります。
 どう考えても日本における左翼とか共産主義者の常套手段としか想像できません。 
 まあこの人は前からそうですけれど、冗談はその髪色と髪型だけにしてほしいです。
 あたしと一緒で世間を馬鹿にしていますので、痛い独り言に留めておけばいいのに愚かなひと。

 あたしはNHKという組織が上級国民の愚息女の受け入れ先になっていて、かつ、朝鮮・韓国人を内部に孕んでいる売国奴だから気に食わないのです。

 受信料を税金とし、公共放送として完全に公務員になり、今の1/4の年収に甘んじるか、
 受信料を完全放棄してCMを受け入れて民放になるかすればいいのですよ。
 まあ「民放」にはなれないでしょう。
 そうなれば「使えない」上級国民の愚息女が足を引っ張りますから。
 かといって公務員になると売国ができないし、そもそも給料が減るのは嫌だと。

 中途半端に甘い汁を吸おうと腐った組織を作るからいろいろと「矛盾」や「無理」が生じるのです。
 ここは「スクランブル化」を受け入れて組織の存続を図るのが、ぎりぎりの落としどころだと思います。
 そうしないと、総務省は「民意」に今まで以上に叩かれるのです。

 N国の立花氏も生温い対応をしていたら有権者から叩かれますし大変ですね。

 NHKも「民意」が表に出てしまったので、今までのような強硬手段に訴えるのは控えざるを得ませんね。

 さあ、
 みんながんばれ(他人事)。