上級地球市民は飛行機搭乗前のX線検査を受けなくてもいいらしい

 カルロス・ゴーンにむざむざ逃げられた日本。
 性善説なんて夢幻を前提とした仕組みになんてしているから馬鹿にされるのですよ。
 早速、保釈者にGPSを持たせるとか仕組みが検討されているそうですが、はじめからやっておけと。
 日本の官僚には「そんなことができるわけがない」と無理なことをわかっていてあえて言いましょう。

 空港には、高い利用料を支払って、下層奴隷一般民とは別の場所で、搭乗手続きができる空港がいくつかあります。
 今回の関空もその1つ。
 手荷物検査は運営する空港会社の所掌です。
 「国」ではありません。 
 国の所掌なのは税関、入管、検疫、動物検疫、植物検疫のみです。

 つまり、
 VIP搭乗口ではX線検査をやらないということは常態化していたか、賄賂を渡されたかということになります。
 そう、民間企業によって。 

 これ、国に所掌を戻さなければいけませんよね。
 もしくは検査スタッフを幇助の罪で逮捕するか。
 会社は代表が責任をとって辞任するとね。

 今回の顛末をみていなさいな。
 日本では、絶対に誰も責任を取らないから。

 ルールを厳しくしてそれで水に流すつもりですよ。 
 だって、
 本来責任をとらなくてはいけない連中が全員責任なんてとりたくなくて、
 各組織の幹部にいて、
 上級国民に近い連中だからです。

 日本国において、責任をとるのは現場の下っ端です。
 上は責任を取りません。
 え?引責辞任しているですって?
 どっかの下請け会社や別の下部組織に天下っているだけですよ。
 どこかに行き場がなければ、組織に居座るに決まっているじゃないですか。
 どっかの日体大みたく。

 一度甘い汁を吸うと、とことん私腹を肥やすことを目的にすげかえますからね。
 人間ごときに夢を見てはいけません。
 人類なんてその程度の愚かな存在なのです。

 この世に正義なんて存在しないのだからあきらめようね。
 だから人類滅びようね。