【介入じゃないなら危険】急激に円安が進行中

 2月19日遅くから急激に円安進行中。
 タイミングがおかしい。

 10月~12月期のGDPマイナス報告の後なので介入かなぁとも考えましたが、
 長続きするはずないのでそんな無意味なことをするとは考えられない。
 韓国はやったけど。
 
 政府が介入していないとすれば、この円安は危険な円安です。 
 つまり、日本がついに世界から見捨てられるということ。

 原因は武漢肺炎のパンデミックでしょうね。
 もう日本が中国の武漢みたいになることが見えているというわけです。
 経済活動が止まるから、お金を引き上げているわけです。

 中国なんかに忖度した結果、全てを失うと。 
 笑えて来ますね。

 オリンピックはロンドンに。
 各国からは日本への渡航禁止に。
 そして続く円安はというと・・・
 
 ・・・あーこれはまずい。
 書いてて気づいたけどまずい。

 政府関係者は闇打ち注意なレベルで恨まれますよ。
 1月の連休の時点で中国人の渡航者を止めていればこんなことにならなかったのに。
 1月10日の時点で武漢肺炎のやばさはネット上で散々言われていたのに、法務省も厚労省も動かないのだもの。

 アメリカの企業が進めてる武漢肺炎ワクチンの開発完了まで約10カ月。
 厚労省の天下り先である国内製薬会社が奇跡が起きて同ペース開発したとしても、臨床試験通さないだろうしなぁ。
 ワクチンもあてにできない・・・。

 日本の未来を考えるのであれば、今政府がすべきことは戒厳令を出すこと。
 2週間、人の動きを制限して武漢肺炎の蔓延を防ぐしかありません。
 感染者は完全に隔離。
 中国からの渡航者は全面禁止。
 
 それももう遅いかな。
 
 中国じゃないのでやらないけど。
 やろうとすればできる。
 でもやらない。
 誰も責任とりたくないから。

 うーん・・・。
 自分の身は自分でまもりませう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント