誰もが納得するNHK受信料制度

 すごくシンプルで簡単なことです。
 これをやると受信料収入が激減するのでやらないでしょうねぇ。
 一番わかりやすくてシンプルでNHK以外困らないやり方なのですけれどね。
 知らないのではありません。
 知っていてやらないだけですから。
 総務省の連中も同罪。


放送受信
 受信契約をすれば見れます。
 契約をしていない又は支払いが止まれば見れません。
 受信契約内容は、NHKのホームページにユーザーアカウントが作られて、いつでも確認が可能です。
 契約の追加、削除もネットで変更可能。

ネット配信
 放送受信契約「世帯」はネット配信も視聴可能です。
 NHK放送視聴用専用アプリをインストールし、契約時に交付されたIDとパスワードを入力してログイン。
 ログインした「端末」を「NHKアカウントに登録」します。
 過去にNHKで放送した番組はNHK受信契約を結んでいれば視聴可能で、未契約者でも別途レンタル形式で視聴可能。


 そう
 全て、既にサービス化されている内容です。
 新しいものなんて全くありません。
 「公共放送」を自称するならば、この程度はやって当然です。
 
 子会社で過去の放送をDVDで販売するとか姑息なことをやっているから信用ないのです。
 ちゃんと受信料収入以外でも商売やっているじゃないですか。
 受信料で作成した番組を国民に売りつけて利益を得ている時点で、本来は解体ものですよ。

 N国が芸能人と喧嘩ばかりしないでこういうことの実現にコツコツ仕事をしていれば支持を失うことなんてなかったのですよ。
 どいつもこいつも欲の皮が張った愚か者の集まりだわ。

 この仕組みができないというならば、公共放送をやめて民間放送局になればいい。
 そして国が新たに公共放送を創ればいい。

 それだけのことです。
 利権と権益に群がるクソ虫どもが何を言ったって反論されるに決まっているのですよ。
 歪なのだから。
 それを強権でごまかしているだけ。

 これが実現できたならば、ある意味公平な放送を心がけざるを得なくなるでしょう。
 それか、海外マネーが流れ込んでプロパガンダ放送局になるかですかね。
 ああ、既に中国、北朝鮮、韓国の放送局でしたっけ。
 売国奴は滅びろNHK。