【あつ森】島が狭い問題

 島くりえいとが解禁されてからちょこちょこ開発しています。
 今思うのは島が狭い問題。

 実現したい地形が結構あるのに、島の広さがそれを阻んでしまいます。
 将来、課金で島を購入できる権利を売り出す気がしないでもありませんが、ある程度ゲーム人口が減らないと無理でしょうね。
 サーバー負荷がやばいから。
 すでに読み込み時間がかなり長いです。
 整備率的には50%もいっていないのに。
 島を増やせないならば、コンパクトに集約しなければならないというね。
 
 今後いろいろと小物も大物も解禁されていくでしょうし、全体を見て島を作るということはできなそう。
 今も島を更地にしてから開拓するという人もいますが、なかなか手間がかかるからそこまではやれないなぁ。
 
 最近わかってきたのですが、あつ森のシステムにおいて有効な地形は、河岸段丘です。
 島の北側から南に向かって展開される河岸段丘。
 これが一番土地を有効に使えます。
 段丘を使って住宅地を2段で整備するのが一番土地効率がいいし見栄えもいい。
 死角が減るので。
 木は、あつ森では死角をつくるよくないオブジェです。
 島の南側には高い木をあまり作らずに公園や広場、湖などをつくり、
 北側の丘上にかさばる建物をもっていく。
 建物が生み出す死角は最小限度に抑えて。

 これが理想だと思う。

 1からつくるならそうするのだけどね。
 もうめんどくてやらない。

 イメージ的にはパルテノン神殿の丘を下から見上げる感じで島を作ると、土地が効率的につかえます。
 でも、開発は人工的な地形になるから、きっと飽きる気がする。
 一直線に横並びな住宅地に、まっすぐな道路と階段になるので。
 きっとすっごいつまらないけれど、効率だけがいい島になりますね。
 
 巨大な湖は釣りに不便なので、池サイズか細長く。
 川は蛇行させると死に地(使えない土地)ができるからまっすぐ。
 柵は動線を制限し、有効な土地を制約してしまうからあまり使わない。
 
 それはそれは手前は低く、奥は空高くまでのまるで舞台のような島ができあがり。
 正面から眺めるだけの書割りのような島が。

 それが楽しいかどうかは人の感性しだいかな。
 結局、開発しつくしてしまった方が、きれいに見えてしまうのだけれど。
 1つくらいそんな島を作ってみたい気もするけれど、めんどうすぎる。

 結局「つねきち」のように想定外の使い方をされる北の入り江とかが、あとから開発の邪魔をする件。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント