まずは神頼み

鋭い岩山に囲まれた国、ガートランド。
オーグリード大陸にあってパラディンを多く輩出するオーガの国だ。

王城まで続く巨大な石橋が続いている。
人通りはそれほど多くはないが、武器を持った者は多い。
そんな中、駅に向かって一人歩くオーガの女がいた。
オーガ=マナミィは杖を背にし、一見魔法使いにも見えるが魔法戦士である。
その瞳には主の命を違えぬであろう強い意思が宿っていた。

「あんなに当選はありえないって言っていたのに・・・ジェバめ。」

開口一番、主の悪口がつい出てしまう。

目的地は駅構内に併設されているくじ引き売り場。
ほんの数ヶ月前までくじ引きに否定的だった主が、突然ハッピーくじを買ってくるように言ってきた。
いったい何があったのだろう。
他の仲間達も同様に、今頃各地の駅でハッピーくじを買っている。

なにか当たる目星でもついているのだろうか。
しかし、買い方に規則性も感じられないが。

1口千Gで最大10口まで買えるハッピーくじ。
最高当選金額は6億Gだが、こういうのは運営が儲かるものと相場が決まっている。
ハッピーくじに頼らなければならない程に財政が悪化しているのだろうか。

後でルフィナナあたりにでも聞いてみるか。


~つづく?~


基本は神頼みですよ。
当選すれば、その日からカウチポテトです。


12月15日(火) 
稼:  450,000G

残り日数:29日
残:98,610,000G

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック