【艦これ】イベント攻略を遅らせる為の時間稼ぎは必要ない

 8月下旬から夏イベントを予告していますね。
 前回イベントでは恐ろしいほどに資材と時間を浪費しました。
 いつからこんなに「重く」なったのでしょうね。
 そこでこれまでのイベントにおける出撃記録を見直したところ、面白い結果がでました。
 出撃記録によると2017年くらいから運営による「時間稼ぎ」が始まったようです。

 2015年春までは、

 「イベントは各資源2万でいいのよ。」

 が成立していました。
 攻略にかかる周回数も少なく、それほど負担を感じないレベルに落ち着いています。
 期間は2週間、土日に1日8時間プレイで攻略可能な規模です。
 ※1出撃15分でカウント

 2016年秋以降、消費資材の増加が見られました。
 ※2015年夏は大規模イベだったのでそこは除いています。 
 小規模イベント(E-3まで)でも、それまでの中規模イベント(E-5)と同程度の消費資材となっています。
 大規模(E-7)になると燃料消費が20万に届くようになるのもこの頃からです。
 2016年までは大規模イベでも10万くらいの消費で攻略できていました。
 
 2017年夏以降、2018年、2019年と消費資材がとんでもないことになってきました。
 小規模(E-3~E-4)で各資材10万
 中規模(E-5)で各資材15万~20万
 大規模(E-7)で各資材20万
 こんな感じです。

 攻略と堀りに係る時間も2017年から跳ね上がっています。
 2016年までと比べるとほぼ1.5~2.0倍。 

 「連合艦隊」仕様の出現は早かったのですが、最近は「掘り」も連合艦隊とかでしたしね(遠い目)。
 しかもフルの支援艦隊必須とか頭おかしいので、資材消費はうなぎ登りです。
 連合艦隊+支援艦隊では、丸1日貯められる資材で、3回くらいしか出撃できませんからね。

 あとは「ギミック」により出撃回数が増えたことが原因でしょう。
 どう考えても「時間稼ぎ」です。 
 あとは「資材を吐き出させる」ためでしょうか。
   
 なるほど、イベントの資材消費と必要なプレイ時間が重くなったために、通常海域やクエストへの出撃に影響が出てきたのですね。
 新艦のドロップ率が異常に低くなったのもこの時期でしょう。 
 
 攻略と新艦堀りの出撃回数がほぼ同数という結果が出ています。

 運営にいったい何があったのでしょうね。 

 より複雑に
 より難しく
 より時間がかかるように
 より消費させる
 資材も時間も

 そして、
 コレクションさせない。
 コンプリートをさせない。

 これが目的じゃないかな。
 コンテンツを長生きさせるために。

 「楽しませる」から「嫌がらせ」に目的がシフトしていますよ運営さん。
 資材備蓄のためにログインさせ、遠征を回させようということでしょうか。
 ログイン率はそりゃ維持できますが、プレイヤーは減っていきますよ。
 最近の資材消耗インフレを見るに、そろそろついていけないです。 

 夏イベはどうなるのかな。
 

この記事へのコメント